好きなことで生きていきたい  ~ADHD銀行員のブログ~

自由に生きたいADHD銀行員のつぶやきです

何事も継続できない人が3日坊主にならないための3つの心がけ

f:id:f987057:20151031175543j:plain

こんにちは、非常に熱くなってきましたね。

夏バテにならないように、気をつけてくださいね。

 

何か1つのことをやり続けるのってすごく難しいですよね。

私は、ADHDの不注意型でもあるため、本当に難しいです。

 

皆さんも資格のため勉強や、ダイエット........確固たる意思を持ってはじめたはずなのに気づいたら3日坊主になっていた.....そんな経験ありませんか。

私は今まで本当に続けられませんでした。 続けた方が絶対に自分のためになることでも、忙しいとか色々と理由をつけて辞めてしまうんですよね。

そんな僕が、今度こそ3日坊主にならないために実行する(予定の)3つの心がけを紹介します。

 

1.短い時間でもOK

とにかく毎日10分でも15分でもとりかかるようにしようと思います。

今日は時間が無いから、明日にしよう...これを繰り返していつも何も継続できないって人多いと思うんです。食事だって風呂だっ毎日何十分もかけて行っているんだから、ブログだって繰り返していれば、習慣になるはず。(たぶん笑)

 

2.自分を信じる

自分はできる人間だと自分に言い聞かせます。

周囲のできている人と比べて自分にはできない何てネガティブに考えていたら、できることもできなくなってしまいますからね。

 

3.目標を持つ

何を行うにしても、最終的に自分が「どうなりたいのか」が見えていれば続けられると思うんです。たとえば、理想の体を手に入れて異性からモテモテの自分の姿を毎日イメージしていれば、ダイエットも続けられそう。私はブログを書いて、ゆくゆくはブログから収入を得られるようになりたいと考えています。

 

大げさに書いちゃいましたけど、今までの自分を振り替えって何かを継続してやれてたことって何も思い出せなかったんですよね。

自分がやりたい思って始めたことくらい、形になるまで続けられる人間になりたいって思って今回の記事を書いてみました。

皆さんが何かを始めるときの参考になれば幸いです。

気になる!?4年目銀行員の月収を大公開!

需要があるかわかりませんが、今日は私の月収を公開しようと思います。

新卒で銀行への就職を考えている方や、今後銀行への転職を考えている方への参考になれば幸いです。

f:id:f987057:20170721154759j:plain


ちなみに、私は4大卒業後より、メガバンク系の銀行に勤めており、この2017年4月から4年目になります。担当業務は、法人の営業をしています。

社内の成績は、並以下かと思います。
(これでもADHDと闘いながら全力で働いてはいますが…)

それでは、少し恥ずかしいですが、7月の私の月収を公開します。
以下の通りです。

総支給   372,075円
  内訳  
            定例給与                     255,900円
            ライフプラン手当       20,000円
            残業代(36時間分)   86,175円
            昼食費補助                   10,000円

手取り給与 284,879円
   控除内訳
             雇用保険料                     1,116円
             健康保険料                   10,200円
     厚生年金保険料                   30,909円
                     所得税                   10,820円
                     住民税                   20,500円
                         寮費                   10,700円
                 組合費等                     2,951円

上のような結果になりました。

残業時間は毎月ほぼ上記の通り36時間程ですが、実際は50時間はしているため、過少申告です。

またライフプラン手当は、20,000円を、①給料として貰う、②DC制度に拠出し将来年金として貰う、のどちらかから選択できる制度です(一部給料として貰い一部をDC制度に拠出することも可)が、私は全額給料を選択しています。
この理由には、私の会社ではDCに拠出するとその分が、残業代算定根拠となる給料から減らされてしまい、残業代が減ってしまうことがあります。
多くの会社では、給料での受け取り、DCへの拠出のどちらを選んでも、残業代は減らない制度になっていますので、この機会に是非ご自分の会社の制度も確認してみてください。

手取りについては、寮費が10,700円で住んでいるのがありがたいかなと思っています。
一人暮らしがしたいですが!笑

正直、忙しさや精神的負担を考えると割にあっているとは思っていません。
一方で、金額としては貰っている方になるのかなとは思っています。
他行や他社の給料を詳しく把握しているわけではありませんが。

いかがでしたでしょうか。
これが4年目銀行員の月収です。
思ったより多いですか?
少ないですか?
あくまで私1人の月収ですが、参考にしていただければ幸いです。

週1,000円貯金始めます

マカオのカジノでマーチンゲール法を試して、気づいたことがあります。

長くやればやるほど負ける!
カジノの還元率は97%と言われていますので、当然と言えば当然ですが笑

そこで、次回カジノに行くことがあれば一回に全てを賭けることにします。

そのために、今週から週1,000円貯金します!
たった1,000円ですが、1ヶ月で4,000円、1年で48,000円になります。
2年なら約10万円。
次回は、この貯金で貯まったお金を「大小」のどちらかに、一発賭けします。
2年後に勝てばプラス10万円!笑

毎日、缶コーヒーを3本は飲んでいるので、それを減らせば貯金は余裕なはず。

やってやる!

マーチンゲール法で本当に勝てる?~マカオのカジノで検証してみた~

突然ですが、私は今マカオにいます。

会社にて夏休みをいただいたので、5泊6日間でカジノ旅行に来ています。

マカオ訪問は2回目で、カジノ経験はシンガポールで1回、マカオで1回のため、今回で3回目となります。(シンガポールでは+6万程、前回マカオでは±0でした)

 

タイトルにもありますが、今回はカジノの必勝法と言われたりもしている「マーチンゲール法」を検証してみようと思います。

マーチンゲール法を簡単に言うと、勝つまで賭金を倍にしていく戦法です。

主に、バカラブラックジャック、大小といった勝率がほぼ50%のゲームで使用します。

たとえば最初に1千円賭ける場合は、負ければ倍額の2千円、さらに負ければその倍額の4千円を賭けます。ここで勝てば、8千円=4千円×2が払い戻され、最初に賭けた金額1千円=(8千円-(1千円+2千円+4千円))が儲かることとなります。

このように負けるたびに賭ける金額を倍にしていけば、勝った時点で最初にかけた金額が儲かるというのがマーチンゲール法です。

検証場所はマカオでは有名なカジノホテル、ベネチアンホテルです。

名前の通りベネチアの街をイメージしており、ホテル内に川が流れていたりします。

さすがマカオ、スケールが違う笑

f:id:f987057:20170715174255j:plain

内装も非常に豪華です。

f:id:f987057:20170715174052j:plain

今回の検証ですが、軍資金は6,700香港ドル(約10万円)としました。

現在レートでは1香港ドルは、約15円です。

軍資金の少なさについては、しがないサラリーマンなものでお許しを笑

 

勝負するゲームは、「大小」です。

このゲームは、3つのサイコロを振りその合計の数値が、半分より上11以上なら「大」、半分より下10以下あら「小」となり、どちらになるか当てれば賭金が倍になるというものです。

ゾロ目が出ると、ディーラー側の勝利で没収となります。

ゾロ目や個別の数字にも賭けることはできますが、今回はこの「大」or「小」に一点賭をします。

さらに大か小のどちらかが、3回以上続いている際に、逆張り(大が続いていれば小、小が続いていれば大に賭ける)をすることにしました。根拠はありませんが、そんなに連続で同じ続く気がないような気がしません?何か勝てそうな気がしてきました笑

 

【検証内容】

初期投資額を100香港ドル(約1,500円)にして、6時間ほど賭け続けました。

なんと、、、+4,000香港ドル(約6,000万円)!!!

これはいける!!!

調子に乗った私は、一晩中賭け続けました。

 

その結果、、、

 

それは以下の通りです。


7回連続で小を見つけた私は、これ以上小が出るわけがあるまいと、勝ったつもりで席につきました。

そして、自信満々に大に100香港ドルをいれました。

1回目 小(8連続) 10(6 2 2)   

8回目の小ですが、次で取り返せばなんの問題もありません。

2回目 小(9連続)  8(2 1 5)  

3回目 小(10連続)   4(1 1 2)

4回目 小(11連続)10(3 2 5)

5回目 小(12連続) 8(2 3 3)

12連続小がでました・・・次回6回目の賭金は3,200香港ドル(約4万8千円)となります。そしてこの勝負に勝っても、リターンはたったの100香港ドル・・この時点で頭が真っ白になり、なぜかまともに音が聞こえなくなるような緊張感に陥りました。

刻一刻と迫る制限時間に迫られ、否応なしに3,200香港ドル大にいれました。

結果は、、

 

6回目 小(13連続) 10(1 3 6)

 

完全なる敗北です。この時点で今回の総投資額は6,300香港ドルであり、手元に残ったのは4,000香港ドル

次は6,200香港ドル必要ため、もう資金がありません。

そして続く7回目、少しでも資金を取り戻そうと、4,000香港ドルを大に入れましたが、なんとそこでも小が出ました。14連続です。

そして私は軍資金10万円を全て失いました。


 事件は突然起こり、あっという間に私の財産を奪っていったのです。


【検証結果】

さて今回の検証ですが、私は軍資金10万円全てを失い、マーチンゲール法では勝てませんでした。

勝負を続けている中では、私もそうだったように勝てているタイミングも多々あると思います。

ただそこで辞めるのは本当に難しいです。

私の場合は、永遠に勝ち続けられるかのような錯覚に陥りました。

また、カジノでは普通では考えられないような確率のことが多々起こります。ゾロ目3連続なんてのもありました。一番の問題は精神に本当によくありません。

数万、数十万賭けてリターンが1,500円ぽっちなんてやってられません!笑

マーチンゲール法は無限がない限りいつか必ず資金が底をつきます。またカジノでは最で賭けられる金額に上限があるため、そこに抵触してしまえば終わりです。

何より精神的に本当によくない!

 

ということでマーチンゲール法をやる場合は、短期決戦かつ辞め時を始めに決めそれを必ず守るなどと、自分ルールを定める必要があるかという結論に辿り着きました!

長期間やれば必ず負けます!

 

 

 

 

 

あなたの会社には退職一時金制度はありますか

年金記事第2弾です。

 

みなさんは働いてる会社の退職一時金制度を把握していますか?

制度は会社によってさまざまで、場合によっては実施していない会社もあります。

一言、退職一時金制度といっても、会社が独自に設定している退職一時金制度や信託銀行等の金融機関に委託をして実施してい企業年金制度があります。(制度毎の違いは、また別の記事でお話します)

今回はこの退職一時金制度と制度をとりまく環境変化についてみていきます。

自分の会社の退職金制度について知るきっかけとしていただければ幸いです。

 

 f:id:f987057:20160305172120p:plain

 

退職一時金ってどんなもの?

企業年金という言葉にあまりなじみがない方でも、「退職金」という言葉はみんなよく知っているかと思います。

退職一時金制度はその名前の通り、退職を支給の事由としているため、働いている間は支払いが発生せず、退職時に大きな支払いが行われることになる制度のことです。

仮に「退職一時金額=月給×勤続年数」という制度があるとすると、月給50万円が35年続いた後に退職した人の場合、50万円×35年=1750万円が支給されます。

 

 退職一時金を取り巻く環境の変化

日本における伝統的な給付設計をみると、短期勤続者を無給付にしたり、定年前の退職者に対しては自己都合退職減額率というものを乗じて支給額を少なくしたりしている設計が多くなっています。長期勤続者や定年退職者を優遇する設計となっており、熟練の従業員定着のための労働管理上のインセンティブとして活用されていたんですね。

 

企業にとって退職一時金は支払い額が高額で資金繰りの問題もあるため、引当金というものを積んで支払い準備をします。引当金は少し難しいのでここでは、後々に支払う可能性の高いお金を事前に認識し、企業内にお金を貯めておくこととざっくり理解しておいてください。

過去にはこの引当金のうち一定額を損金算入することができる仕組みがありました。

損金とは法人税を計算するときに、かかる税金を減らせるものです。つまり企業は退職一時金の準備をすることで、支払う税金を減らすことができたんです。

1952年当初は期末要支給額(仮に今退職した場の支給額)の100%を引当てることができました。それが56年には50%になり、80年には40%、2003年には20%、その後期間をかけて廃止されてしまい、企業にとっての税制的なメリットは消失してしまいました。

この税制上のメリットで残ったお金は、設備投資などに使われ成長期の企業の事業資金の確保に大きな役割をはたしていました。 

 これも退職一時金が普及した大きな要因でした。

 

このような理由で日本においては退職一時金制度が非常に普及しています。

 その実施割合は企業年金に移行したものも含めると約75%です。

 

f:id:f987057:20160305174935p:plain

                    (出典:厚生労働省

一方でその実施割合の変動を見てみると、年々低下傾向にあることがわかります。

退職一時金や企業年金をやめてしまう会社が増えている、もしくは制度自体を持たない新興企業が増えているということを示しています。

企業にとっての退職一時金制度を持つメリットが低下しているためであると思われます。

 

今後も退職一時金制度を実施する企業は減少していくことが予想されます。

退職一時金は老後の生活に大きく影響するお金ですから、これを機に自分の会社の実施状況を確認したり今後の動向に注目していただければ幸いです。

企業年金では年金と一時金どっちがお得なの?多くの人が一時金を選択する3つの理由

こんばんはもってぃです。

私は今年で、社会人になって4年目で銀行員をしています。

銀行員と言ってもさまざまな仕事があり、私は企業年金の法人担当をしております。

(退職金をイメージしていただければと思います)

今日は私が仕事をしている中で気にかけている方の多い、企業年金を年金と一時金どちらでもらうべきなのかという点についてお話させていただきます。

 

老後に豊かな生活を送るために非常に重要な存在である年金。

企業年金では年金としてもらうのか、一時金としてもらうのか選択できるって知っていましたか。

実際に年金の受給権がありながら一時金の選択をする人はかなりの数になります。

特にDC(確定拠出年金)制度では8割の人が一時金を取得しているというデータもあります。なぜなのでしょうか?

 

f:id:f987057:20160229205138j:plain

 

1.一時金の方が所得税制上お得感がある

ご存知の方も多いでしょうが、退職時に一時金を選択すると退職所得として課税されます。しかし控除額がけっこう大きいため結果的に非課税となる場合が多いようです。退職所得控除額の計算式は以下のとおりです。

 

・勤続20年以下  40万円×勤続年数(80万円に満たない場合は80万円)

・勤続20年超   800万円×70万円×(勤続年数ー20年)

 

勤続35年だと1850万円の退職控除が得られます。

一方で年金は雑所得となり所得総額にもよりますが、限界部分で20パーセントの税率がかかってきます。年金を選択すると将来の収入や税額が不確定であるのに対し、一時金選択は分離課税のため、非課税になるかどうかはっきりするんですね。

 

2.退職時に一時金需要がある

住宅ローン等の債務弁済のための資金として使用するためではないでしょうか。

(こちらの理由が一番多いかと思います)

年金払いを選択することで、一時金選択時時よりも金利分がお得になるような気がしますが、それよりもローン返済による金利節約分の方が大きいと感じる人がおおいようですね。借金を好まない日本人の国民性が強くでています。

 

3.年金制度の将来に対して懐疑的である

世の中の動きを敏感に捉えている人ほど企業年金信用ならないと思っています。DB(確定給付企業年金)制度では給付減額があったり、解散で不利益を被ることがあることを心配しているのです。近年では厚生年金基金の解散があり、ほとんどの厚生年金基金は解散に向けて動きだしています。

 

今日は多くの人が企業年金において一時金を選択している理由を、3つあげて説明しました。この他、公的年金の支給開始年齢との兼ね合いや個人年金等のその他の蓄えを加味して、年金と一時金どちらを選択するのか考えていく必要がありますね。

 

もってぃ

好きなことで生きていきたい

f:id:f987057:20170714014656j:plain

初めまして、もってぃと申します。

銀行員をしています。

またADHDの診断を受けており、服薬しながらサラリーマン生活を続けています。

ADHDのことはいずれブログでも触れていきたいと思います)

 

ブログのタイトルである「好きなことで生きていきたい」は、ユーチューバーのCMのキャッチフレーズで話題になった「好きなことで生きていく」にインスパイアされつけました。

このキャッチフレーズはユーチューバーの綺麗な面しか説明できていないなどと、ネットを中心にかなり批判されていましたが(実際、ネットで検索をしようとすると予測変換の一番最初に「うざい」という言葉がでてきます・・・)、銀行員として毎日息苦しい日々を送っていると感じていた私には心に刺さるものがありました。

学生時代にバックパッカーをしていたこともあってか、青年海外協力隊等に興味があるのですが、真逆と言っても良いような仕事をしている自分にもやもやしています。

現状解決に向けての何かのきっかけになるかと思い、日々の出来事や、仕事のこと、自分の興味があることをブログに書いていくことにしました。

皆さんに楽しんで読んでいただけるブログを目指し更新していきますので、よろしくお願いいたします。

 

もってぃ